TOP » 学会賞 » 

学会賞

学会賞巻頭言

日本臨床麻酔学会賞について

小坂基金運営企画委員会委員長
川真田樹人(信州大学医学部麻酔蘇生学)

日本臨床麻酔学会には,臨床麻酔学の発展のための学会賞として,(1)小坂二度見記念賞,(2)若手奨励賞,(3)日本臨床麻酔学会誌賞があります.昨年度は東京大学医学部附属病院緩和ケア診療部/麻酔科・痛みセンターの住谷昌彦氏が「慢性疼痛患者の臨床評価と周術期致死的合併症に関する臨床研究」で小坂二度見記念賞を受賞されました.若手奨励賞は東京大学医学部附属病院 麻酔科・痛みセンターの池田貴充氏が「定時手術患者における術前・術中のフローボリューム・カーブを用いた換気力学的特性の検討」で受賞されました.そして,奈良県立医科大学麻酔科学教室の赤崎由佳氏が,「高輝度光刺激装置を用いた視覚誘発電位モニタリングの信頼性の検討」で日本臨床麻酔学会誌賞を受賞されました.

小坂二度見記念賞は20年以上の歴史を持ち,臨床麻酔分野で最高の賞で,前年12月までの過去5年間に刊行された客観的査読を経た1 編もしくは一連の研究テーマによる複数論文業績のうち,最も優秀な業績をあげた方に授与されます.また若手奨励賞は,前年12月までの過去2年間に刊行された1編もしくは一連の複数論文業績をあげた,満35歳以下の第1著者に授与されます.そして日本臨床麻酔学会誌賞は,前年12月までの過去2年間で最も優秀な日本臨床麻酔学会誌掲載論文の著者若干名に授与されます.これらの日本臨床麻酔学会賞の詳細については学会のホームページを参照ください.

臨床麻酔学の発展のためには,リサーチマインドを持った麻酔科医の育成が不可欠です.若い麻酔科医は日本臨床麻酔学会誌賞を目指して,まずは日本臨床麻酔学会誌に投稿していただきたいと願います.その後,研究テーマを見つけて成果を英語論文として作成し,若手奨励賞に応募して欲しいと願います.さらに研鑽を積みライフワークを見つけ,その成果をもとに小坂二度見記念賞に応募いただきたいと思います.

臨床研究の目的は,臨床医学を発展させ医療を向上させ患者さんへ還元することです.そして賞を得るということは,学会員がその研究者の努力に賞賛の意を表明することです.日本臨床麻酔学会賞により日本の麻酔科医の活性化の連鎖が起こり,臨床麻酔の研究が発展し,日本から世界への発信力が増すことを祈念しております.

多くの方からの日本臨床麻酔学会賞への応募をお待ちしています.