TOP » 学会賞 » 

学会賞

学会賞巻頭言

日本臨床麻酔学会賞について

小坂基金運営企画委員会委員長
川真田樹人(信州大学医学部麻酔蘇生学)

日本臨床麻酔学会には,臨床麻酔学の発展のための学会賞として,(1)小坂二度見記念賞,(2)若手奨励賞,(3)日本臨床麻酔学会誌賞があります.昨年度は恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センターの谷口英喜氏が「わが国の麻酔領域におけるERASの普及および効果に関する研究」で小坂二度見記念賞を受賞されました.残念ながら若手奨励賞は応募者がなく、熊本中央病院麻酔科の田島功一朗氏が「頸動脈内膜剥離術における術後高次脳機能障害の危険因子」で日本臨床麻酔学会誌賞を受賞されました.

小坂二度見記念賞は20年以上の歴史を持ち,臨床麻酔分野で最高の賞で,前年12月までの過去5年間に刊行された客観的査読を経た1編もしくは一連の研究テーマによる複数論文業績のうち,最も優秀な業績をあげた方に授与されます.また若手奨励賞は,前年12月までの過去2年間に刊行された1編もしくは一連の複数論文業績をあげた,満35歳以下の第1著者に授与されます.そして日本臨床麻酔学会誌賞は,前年12月までの過去2年間で最も優秀な日本臨床麻酔学会誌掲載論文の著者若干名に授与されます.これらの日本臨床麻酔学会賞の詳細については学会のホームページを参照ください.

臨床麻酔学の発展のためには,リサーチマインドを持った麻酔科医の育成が不可欠です.若い麻酔科医は日本臨床麻酔学会誌賞を目指して,日本臨床麻酔学会誌に投稿していただきたいと願います.その後,研究テーマを見つけて成果を英語論文として作成し,若手奨励賞に応募し,研鑽を積み小坂二度見記念賞に応募いただきたいと思います.

臨床研究の目的は,臨床医学を発展させ医療を向上させ患者さんへ還元することです.日本の臨床麻酔の研究が発展し,日本から世界への発信力が増すことを祈念しております.

多くの方からの日本臨床麻酔学会賞への応募をお待ちしています.