TOP » 学会誌 » 

学会誌

投稿規定

日本臨床麻酔学会誌投稿規定

1. 投稿資格と掲載論文

  1. 1)『日本臨床麻酔学会誌』は、日本臨床麻酔学会、日本静脈麻酔学会、日本医学シミュレーション学会、日本臨床モニター学会、日本麻酔・医事法制研究会、エピドラスコピー研究会の合同刊行です。原則として著者は、上記学会・研究会の会員とします。
  2. 2)すべての投稿論文は、臨床麻酔に直結した研究、及びこれに関連した基礎的研究に限ります。なお個人情報への配慮が適切になされ、ヘルシンキ宣言の精神に則って行われ、倫理的に配慮されていること、および他誌に投稿中でないことと未発表であることはすべての論文に必要です。
    1. (ⅰ)ヒトを対象とした前向き研究では、患者の許諾を得ていることと、研究実施前に所属施設の承認を受けて実施したことを本文中に明記してください。
    2. (ⅱ)ヒトを対象とした後ろ向き研究および症例報告では、患者の許諾と所属施設の承認について適切な形で本文中に明記してください。
    3. (ⅲ)編集刊行委員会が必要と認めた場合には、所属施設の承諾書の承認等の関係書類の提出を求めることがあります。
  3. 3)論文の種類
    総説、原著、症例報告、短報、紹介、コラム(Letter to the Editor含む)とします。
  4. 4)掲載された論文等は独立行政法人科学技術振興機構が主催する電子ジャーナルサイト J-STAGE(http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja)で公開します。なお掲載論文等の著作権は日本臨床麻酔学会に属します。

2. 投稿の方法と提出書類(誓約書とチェックリスト)

  1. 1)投稿の方法
    論文の投稿は,オンラインの「投稿審査システム(J-STAGE)」による電子投稿で受け付けます。(http://mc.manuscriptcentral.com/jjsca)
    学会ウェブサイトの投稿案内を確認して進めてください。
  2. 2)提出書類
    投稿の際には、誓約書とチェックリストを提出してください。
    誓約書: “本論文の内容は他誌に未発表であり、また現在投稿中ではない”ことを明記してください。また、患者の許諾と施設承認について1.2)を参考に記載してください。論文題名、共著者全員の署名・捺印とその日付を記してください。
    チェックリスト: 本誌に綴り込みのチェックリストをコピーするか学会ウェブサイトからダウンロードし、主著者が署名・捺印したものを提出してください。
    誓約書とチェックリストはPDF等のファイルにしてシステム上で添付するか、郵送してください。誓約書の用紙はA4判とし、書式は自由です。
    ※患者の許諾と施設承認については、1.2)を参考に原稿本文中に記載してください。

3. 原稿の書式

  1. 1)原稿はすべてA4判で作成し、12ポイント文字で横書きとしてください。 また、原稿にはページ番号を付け、ページごとに行番号を付けてください。(Microsoft社Word機能を使用)
    論文原稿はMicrosoft社のWordで作成してください。図表はMicrosoft社のExcel、PowerPointあるいはJPEG形式のファイルで作成してください。
    投稿の際は原稿(図表等を含む)のオリジナルデータを投稿者の手元に必ず保存してください。投稿画面で作成したデータは一定期間で削除されます。投稿後も同様ですのでご注意ください。
  2. 2)投稿は、和文または英文で受け付けます。英文(全文、抄録とも)は、必ずネイティブチェックを受けてから投稿してください。その場合、英語医学論文の校正を専門に行っている会社にネイティブチェックを依頼してください。知人に依頼する場合は、自然科学専攻者で学術論文を書きなれているネイティブのチェックを受けてください。
    • 【和文の場合】
      総説、講座、原著論文、症例報告、紹介、短報の記載の方法は、第1ページに日本語表記による表題、著者名(6名まで)、所属機関名、著者連絡先(氏名、郵便番号、住所、所属機関名、電話番号、電子メールアドレス)、論文原稿の枚数、図表の点数を記載してください。第2ページには和文要旨(300字以内)、キーワード(5語まで)、第3ページ以降、本文、参考文献、200語以内の英文抄録(英語の表題、著者名、所属機関名、キーワードを含む)の順に記載してください。
    • 【英文の場合】
      総説、講座、原著論文、症例報告、紹介、短報の記載の方法は、第1ページに英語表記によるtitle(表題)、authors(著者名;6名まで)、 affiliation(所属機関名)、著者連絡先(氏名、郵便番号、住所、所属機関名、電話番号、電子メールアドレス)、論文原稿の枚数、図表の点数を記載してください。第2ページには英文抄録(200語以内)、キーワード(5語まで)、第3ページ以降、本文、参考文献、300字以内の和文要旨(日本語の表題、著者名、所属機関名、住所、キーワードを含む)の順に記載してください。なお、英文投稿の場合は必ずダブルスペースとしてください。
  3. 3)字数は、総説12,000字(刷上り10ページ)以内、講座及び原著論文10,000字(刷上り8ページ)以内、症例報告及び紹介6,000字(刷上り5 ページ)以内、短報3,000字(刷上り2ページ)以内にまとめてください。英文の場合は、総説・講座・原著:3,000〜4,000語程度、症例報告・紹介:1,000〜1,500語程度、短報:500〜1,000語程度とします。コラムは1,000字以内とし、原稿の最初に論文題名、著者名、所属機関名を付けてください。文献、英文抄録、図(写真)、表も上記の字数に含みます。図等は、大1点につき800字、小1点につき400字を目安にしてください。
  4. 4)図表は1点につき1枚の用紙を使用し、文中に挿入箇所を明記してください。写真はキャビネ大とし、図表の説明は、図表とは別の用紙にまとめて記載してください。また、他の論文等より引用する場合は出典を明記してください。特に書籍から引用する場合は、掲載許可を得てください。図表はそのまま印刷原稿として使用しますので、文字や線のつぶれがないようご注意ください。原則として図(写真)は、モノクロで掲載することとします。
  5. 5)原稿は、楷書、横書き、ひらがな、新かなづかい、口語体、当用漢字を使用し、改行の際は冒頭を1字分あけてください。
  6. 6)文中の外国語の表記は、普通名詞については文頭は大文字、文中は小文字、固有名詞については大文字としてください。また、外国語の用語、人名は原語のまま表記してください。
  7. 7)薬品名は一般名を原則とし、商品名を併記する必要がある場合は初出のみとし、一般名の後に括弧して記載してください。
  8. 8)数字はアラビア数字を用い、度量衡の単位はSI単位系を原則とします。ただし、日常臨床において広く用いられている%、mmHg、cmH2O、mL、dL等による表記も認めます。除算は、すべて「10 mg/kg/h」「3L/min」のように表記してください。
  9. 9)その他の用語は、『麻酔科学用語集第4版』(日本麻酔科学会編)に準じてください。なお、用語やかなづかいは、編集の際に訂正することがあります。
  10. 10) 引用文献は重要なもののみとし、文中に引用順に肩付き番号を付け、本文の末尾に番号順にまとめてください。記載は以下の様式に従ってください。いずれの場合も著者が4名以上の場合は3名まで記載し、残りは、和文の場合「ほか」、英文の場合「et al.」と略記してください。
    ●雑誌の場合
    著者名:題名.誌名 巻:始頁-終頁,年
    例1)
    鈴木久人,下弘一,竹内健二ほか:挿管操作に伴う口唇裂傷の頻度,部位,予防法.日臨麻会誌 19:597-600,1999
    例2)
    Lee TL, Ang SB, Dambisya YM, et al. : The effect of propofol on human gastric and colonic muscle contractions. Anesth Analg 89 : 1246-1249, 1999
    ●書籍・単行本の場合
    著者名:章名,書名(版数).編集者名.出版社名,出版社所在地名,年,始頁-終頁
    例1)
    田中敦子,平賀一陽:抗菌薬,抗腫瘍薬,研修医のための麻酔科領域薬剤の使い方.小川龍編. 克誠堂出版,東京,1995,211-214
    例2)
    Chung F : Postoperative mental dysfunction, Geriatric Anesthesiology. Edited by McLeskey CH. Williams & Wilkins, Baltimore, 1997, 487-495

    ※注意:始頁と終頁の間は必ず「-」(半角ハイフン)とし、「〜」は使用しないでください。「〜」を使用されると、J-STAGEに正しく掲載されない可能性があります。

4.審査

投稿論文は編集刊行委員会で審査し、採否を決定します。

5.校正

著者校正は、原則として初校のみとします。

6

掲載論文には、掲載誌1部と別刷30部(コラム欄掲載分は掲載誌1部のみ)を贈呈します。 必要別刷部数は、著者校正の際に確認させていただきます。

7

著者負担の経費

  1. 1)原稿超過分は別途請求致します。
  2. 2)カラー写真は原則として掲載しません。
    特に掲載希望の場合は実費を請求します。
  3. 3)誌面の統一上、不適当な図表については版下代を請求致します。
  4. 4)別刷は30部を無料とし、それ以上は50部単位で受注致します。有料分の別刷料金は下記価格表に基づいて請求致します。また、コラム欄掲載分については、別刷は有料分のみとなります。
  5. 5)特別早期掲載を受け付けます。査読は通常通りに行いますが、掲載可となった時点で編集作業時間を考慮し、最も早い発行号に掲載します。特別早期掲載料として右記の価格表に基づいて請求致します。
図表料金表 単位:円(税抜)
トレース(1点) 図・表組(1点) 写真製版(/cm2)
3,000〜5,000 1,000〜5,000 1,500
別刷価格表 単位:円(税抜)
1論文 4頁以内 6頁以内 8頁以内 12頁以内
50部まで 28,200 39,700 53,000 64,700
100部まで 36,200 50,400 63,800 75,200
150部まで 42,800 59,000 74,600 85,000
200部まで 49,500 68,800 84,100 93,600
特別早期掲載料金表 単位:円(税抜)
1論文 4頁以内 6頁以内 8頁以内 12頁以内
掲載加算料 29,600 41,600 55,600 67,920

8

投稿に関する問い合わせ先
〒111-0054
東京都台東区鳥越2-13-8
株式会社ライフメディコム内
「日本臨床麻酔学会誌」編集室
TEL: 03-5809-1961
FAX: 03-5820-1898