TOP » IARS Anesthesia & Analgesia » 

IARS International Anesthesia Research Society

Kosaka Session

IARSとは

IARS(Interanational Anesthesia Research Sosciety)は、雑誌「Anesthesia & Analgesia」の母体となっている学会です。年次大会は毎年3〜5月に開催され、全世界からおよそ1,000人が集まることで知られています。
日本臨床麻酔学会とは極めて緊密な関係を保っており、日本臨床麻酔学会創設者のお一人である岡山大学麻酔・蘇生学講座の小坂二度見名誉教授の名前を冠した「Kosaka Award」を優れた一般演題の中から選考し贈呈することが2006年より行われております。
 

International Anesthesia Research Society(IARS) 2016 そしてKosaka Award報告

(広報委員会)

日本臨床麻酔学会の連携学会であるIARSの本年の年次学術大会は、5月21日~24日サンフランシスコで開催されました。
今年は、前日の5月20日金曜日にAssociation of University Anesthesiologists(AUA)の年次大会そしてSociety of Critical Care Anesthesiologistsの学術大会も 開催されました。その結果、通常IARSの参加人数は1,000人前後なのですが、今年は延べ人数で1,200名を超えたそうです。

photo

さて、日本臨床麻酔学会が賞金1000ドルを提供しています学会中の優秀演題ポスターに与えられるKosaka Awardですが、本年は、残念ながら日本からの演題受賞はなく、臨床部門Patient Orientedと基礎部門Basic Scienceで以下の2つに決まりました。

[臨床部門 Patient Oriented]

GOAL DIRECTED EARLY MOBILIZATION REDUCES ICU LENGTH OF STAY AND IMPROVES FUNCTIONAL MOBILITY: AN INTERNATIONAL MULTI CENTER, RANDOMIZED, CONTROLLED TRIAL (SOMS TRIAL)
AUTHORS:
S. J. Schaller1, K. Waak2, T. Edrich3, J. M. Walz4, M. Blobner1, M. Eikermann5;
AFFILIATION:
1Klinik für Anaesthesiologie, Technische Universitaet Muenchen, Munich, Germany, 2Department of Physical and Occupational Therapy, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, 3Abteilung für Anästhesie und Operative Intensivmedizin, Klinikum Landkreis Erding, Paracelsus Medical Univ, Erding, Germany, 4Department of Anesthesiology and Perioperative Medicine, UMass Memorial Healthcare, Worcester, MA, 5Anesthesia, Critical Care & Pain Medicine, MGH, Boston, MA.
http://www.abstractsonline.com/pp8/#!/3873/presentation/3441

[基礎部門 Basic Science]

PERFORMANCE OF A TOUCHSCREEN-BASED VISUAL DISCRIMINATION TASK IS RESTORED WITH ELECTRICAL STIMULATION OF THE VENTRAL TEGMENTAL AREA (VTA) IN RATS SEDATED WITH ISOFLURANE
AUTHORS:
J. D. Kenny1, N. E. Taylor1, J. Pei1, J. Yang2, K. Vlasov1, E. N. Brown1, K. Solt1;
AFFILIATION:
1Anesthesia, Critical Care and Pain Medicine, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, 2Computational and Neural Systems, Caltech, Pasadena, CA.
http://www.abstractsonline.com/pp8/#!/3873/presentation/1782

なおこのKosaka Awardは昨年で25周年を刻んでおり、日本臨床麻酔学会からその四半世紀に渡る連携を祈念して、2万ドルの寄付がIARSにあったことは、今回の学術大会初日5月21日の早朝のオープニングセレモニーにおいてスライドにて報告され、満場の感謝の拍手がありました。

来年2017年IARS年次学術集会は、Washington DCにて5月6~9日にて予定されています。また前日5月5日はAUA, SOCCAの学術大会も開催されます。来年こそは、Kosaka Awardを日本から応募して取ろうではありませんか! 皆さんの奮っての参加をお待ちしています。